薄毛治療で髪の毛リバイバル【毛根にもぅこんと言われない秘策】

抜け毛になる原因を知る

禿げた頭

薄毛治療の方法を知ることも大切ですが、髪の毛について知ることも大切な要因となります。薄毛治療をするには髪の毛の状態と根本の原因を知る事が重要なファクターとなります。髪の毛は、毛幹部と呼ばれる頭皮から出ている部分と、毛根部と呼ばれる頭皮に埋まっている部分があります。毛根の周りには、栄養素や酸素などを運ぶ機能がある毛包があります。この毛包もいくつかの細胞に分かれており、毛根の中でも丸くなっている部分を毛球と呼び、毛母細胞と毛乳頭に分かれます。毛母細胞は毛乳頭から届けられた酸素を栄養素を取り込むことで髪の毛を生成する事が出来ます。この状態を良くする事によってしっかりとした髪の毛を生成する事が可能となり、抜けにくい髪の毛を育む事が可能となります。髪の毛も種類があります。私達は、母親の胎内にいるときから毳毛と呼ばれる毛が生えており、これを一時毛と呼びます。産毛と呼ばれる事が多いです。生毛は二次網と呼ばれており、1次毛が半年くらいすると生え変わります。二次毛は、メラニン色素が含まれていないので、淡い色をする事が多いです。軟毛と呼ばれる事もあります。硬毛と呼ばれる髪の毛は大人の毛髪であり、思春期から成長期にかけて成長しています。大人になったからといって全ての髪の毛が硬毛というわけでもなく、AGAのような薄毛の症状になると軟毛になってしまうことがあり弱々しい状態となります。

私達の髪の毛は毎日抜けています。頭皮の環境が正常であるかどうかにかかわらず髪の毛は抜けるのです。頭皮環境が良い人と悪い人の違いは抜ける髪の毛の本数です。良好な人は抜けにくいので一日に数十本の人が多いです。頭皮環境が悪い人は200本以上抜けることもあると言われており、この差が薄毛かどうかの判断にもなります。季節などによって抜ける髪の毛の量は変わると言われています。秋ごろが一番多いという研究結果もありますので、一概にどの本数くらいから抜け毛と断定するのは難しいです。個人差や季節も関わってきます。薄毛の判断基準となりやすいのが、成長途中の髪の毛が多いかどうかです。抜け毛の中に、完全に伸びきっていないような長さの髪の毛が多くなっていると要注意となります。AGAの可能性が濃厚なので、薄毛治療をスタートしましょう。育毛シャンプーや頭皮マッサージなどで改善出来るかもしれません。生活習慣の改善も抜け毛予防として効果的です。タバコは、体を流れる結構を悪くする効果があるので危険です。結構が悪くなる事で髪の毛に栄養素を届けにくくなりますので、髪の毛の元気がなくなっていきます。結果として髪の毛が抜けやすくなります。食事にも気をつけましょう。暴飲暴食や過度な飲酒、油物の摂り過ぎなども髪の毛に悪影響を与える結果となります。髪の毛を健康な状態にするためにも食生活も改善しましょう。睡眠もしっかりと取りましょう。睡眠不足によってストレスなどを感じやすくなります。ストレスの発散も出来ないので、体にストレスが溜まることで髪にダメージを与えます。適度に運動などしてストレスを発散しつつ、体の状態を整えましょう。薄毛治療の方法はいくつかあるので、自分が試せそうな事から始めていきましょう。