薄毛治療で髪の毛リバイバル【毛根にもぅこんと言われない秘策】

しっかり改善しましょう!

►新着情報

ハリがないので痛くない

医者

AGA対策としてクリニック独自で薄毛治療方法をしている店舗は沢山あります。その中でも最近人気ある治療方法に、独自の方法で生成された内服薬と外用薬を使用し電気穿孔法を使う新しい治療方法を行なっているクリニックもあります。

►詳細!

薄毛対策までの流れ

男性

薄毛治療をするまでの流れは、クリニックによって多少異なります。ですが、基本的に変わることはないです。パターンを把握することで初回のカウンセリングなどでゆとりを持つ事が可能となります。

►詳細!

AGAの原因と対策方法

女医

年齢を重ねると髪の毛が薄くなってしまう事もあるでしょう。しかし、年齢だけが原因じゃない事が多いのです。特に男性の場合は、思春期を超えると発症しやすくなるAGAという症状があります。AGAはAndrogenetic Alopeciaの略称であり、男性型脱毛症の事を指します。男性ホルモンが関わっている症状だと言われており、思春期以降の方にかかるのはこれが原因なのです。AGAの症状として良く起こるのが、M字パターンです。おでこの辺りからどんどん進行していき、生え際部分から薄毛の症状が出てきます。髪の毛の生え際が後退することもあり、おでこの広さが広がっていると結構進行しています。髪の毛の分け目を毎日同じにすることでも進行しますが、この症状とは違います。AGAは頭皮環境が悪化することで、どんどん進行します。頭皮環境の悪化の原因としては、タバコや食生活、ストレスなども関わってきます。日常生活が乱れる事で髪の毛に悪影響を与えます。また、頭皮が汚い状態もいけません。シャンプーを毎日行なっていても、頭皮をキチンと洗っていないと意味がありません。油や皮脂、整髪料などが頭に残っていると、髪の毛の成長の妨げとなるので通常の成長をしなくなります。それにより抜け毛が増えるので警戒が必要となります。頭頂部から症状が現れる場合はこのパターンが当てはまることもありますが、遺伝や環境などによっても引き起こされるので、AGAと断定するのは難しいようです。帽子やかつらの被りすぎも頭頂部に影響を与えるので気をつけましょう。

通常の髪の毛であれば、成長サイクルが一定となっており、何もしなくても大丈夫な状態となっています。AGAの場合、ヘアサイクルが乱れる事となり、通常のサイクルよりも短くなる事で髪の毛がキチンと成長していない状態で抜け落ちる事が多くなるのです。髪の毛のサイクルとしては3つの過程があり、髪の毛がすくすくと成長する成長期、成長が止まって対抗し始める退行期、脱毛の前段階である休止期があります。成長期は、髪の毛が生え始めてから数ヶ月から一年くらいでしっかりと成長し、頭皮にしっかりとくっつきます。その後2~6年かけてさらに成長します。髪の毛を切っても伸びるのは成長期の髪の毛が元気だからです。成長が完全に止まると、退行期へとシフトします。2週間程かけて徐々に退行していきます。その後、数ヶ月かけて休止期となり、自然に抜け落ちるのを待つ状態となります。休止期の髪の毛が存在しているので、自然脱毛が発生するのです。毎日の抜け毛の原因は、休止期の髪の毛が自然脱毛するからなのです。このサイクルを繰り返す事で健康的な髪の毛を維持する事が出来るのです。ヘアサイクルを乱さないためにも、日頃から髪の毛の事を意識すると良いでしょう。薄毛が進行してしまったらクリニックに通いましょう。診察やカウンセリングで現状を把握し、患者さんにマッチする方法で薄毛治療をしてくれます。予め薄毛治療の方法などを知っておくと、医師との意思疎通も簡単になります。ある程度の知識を持って通院すると話が楽になるでしょう。

抜け毛になる原因を知る

禿げた頭

薄毛治療の方法を知る事も大切ですが、薄毛の原因と髪の毛の在り方を知る事も大切です。薄毛治療の効果を高めるためにも必要となるので、知識なども押さえておきましょう。簡単な対策方法もあるので、試してみましょう。

►詳細!